作:池田真一 演出:入谷俊一

2008年4月10日(木)~15日(火)
『ART THEATER かもめ座』
 
キャスト
近童弐吉(ワンダープロ)
大久保正通
磯村智彦(花組芝居)
小林大介(花組芝居)
野澤いっぺい
川崎誠一郎
田村まどか(オフィス・エイツー)
茂本れい
東虎之丞
島野温枝(東京タンバリン)
松岡哲永

スタッフ
美術:竹内公一
照明:竹内右史
音響:久郷清
舞台監督:堀田誠
撮影:黒瀬英文
チラシイラスト:田中浩之
チラシデザイン:川本裕之
制作:オフィス・REN

舞台は、(株)青空・江東リサイクルセンター。
彼らの仕事は、ゴミの中から、ペットボトルや瓶、缶、鉄等の有価物を分別、リサイクルする事。
新規のアルバイトとして採用された中条がそこで見たものは…
現場を分かっていない本社の営業、怪我の自慢をする明るくマゾな係長、
口ばっかりの主任、何でもゴミの中から拾う五味さん、
手を病的に洗い続ける伊藤君。

工場に棲みついた猫の親子、やたら見学に来るエコ団体、
その度に作業を中断して掃除させられる従業員、
そして…行方不明のはずの木田さん。

あまりの過酷さに辞めたい中條、辞められては困る一同。
そんなある日、ゴミの分別のベルトコンベアに、あるモノが流れてきた!
二時間おきの休憩が必要な仕事の休憩室を舞台に、ドラマが動き始める…。

作:池田真一 演出:入谷俊一

2009年7月15日(水)~20日(月・祝)
シアターイワト
 
キャスト
辰巳蒼生(スリー・アローズ・エンターテイメント)
大久保正通
磯村智彦(花組芝居)
小林大介(花組芝居)
金順香(アランサムセ)
本田豊
野澤いっぺい(act-jam)
田村まどか(SPACE U)
川崎誠一郎
沖中咲子
ももとれい(ロットスタッフ)
東虎之丞(オーキッド)
島野温枝(東京タンバリン)
松岡哲永
スタッフ
美術:竹内公一
美術補:竹内悦子
照明:竹内右史(Office Bamboo)
照明オペレーター:野村梢(Office Bamboo)
音響:大貫誉
舞台監督:堀田誠(CQ)
衣装:金智子
撮影:木村真一
宣伝美術:画/田中浩之
デザイン:川本裕之
制作:オフィス・REN

『総員に告ぐ。直上にオーロラ。
見納めとなるので、艦橋やヘリ後半に出て瞼に焼き付け、今後の人生の糧となる良き思い出にして貰いたい』

老朽化で、今航海を最後に引退する南極観測船こと、海上自衛隊所属・砕氷艦しらせ。
氷を割り進み極海を抜けたその日、しらせを見送るかのようにオーロラが揺らめき出す。
艦内では、長い航海に爆発寸前の若き海上自衛官と、1年半の南極生活を終え、浦島太郎状態の越冬隊員が、連夜の酒宴の真っ最中…

『オーロラの出る時はね、何か不思議なことが起こるらしいですよ』

暴風圏に入り、木の葉のように揺れる船の中。酒に酔い、船に酔い、オーロラに酔う。
凝縮された時間の中で、どんどん出てくる内緒話、だんだん辛くなる人間関係…

夜を振り払う暁の女神、アウロラ。オーロラの語源になったローマ神話の女神は、彼らの闇を祓い、
明日を運んでくれるのだろうか…

作:池田真一 演出:入谷俊一

公演日:2010年9月15日~9月20日
於:笹塚ファクトリー
公演数:全8ステージ
 
キャスト
近童弐吉(ワンダープロ)
加瀬竜彦(オレガ)
大久保正通
上野裕子(劇団1980)
磯村智彦(花組芝居)
安部賢一(LUCKY RIVER)
七川小夜花
ももとれい(ロットスタッフ)
細井ゆめの(茶ばしら)
東虎之丞(one voice)
松岡哲永
スタッフ
美術:竹内公一
美術助手:竹内悦子
照明:竹内右史(Office Bamboo)
照明オペレーター:野村梢(OfficeBamboo)
音響:秀島正一
(エス・シー・アライアンス)
舞台監督:堀田誠(CQ)
チラシ画:田中浩之
チラシ・デザイン:川本浩之
撮影:木村真一
企画・制作:幌張馬車
(ポジャンマッチャ)
制作協力:オフィスREN
プロデューサー:金智子 木村真一

開港以来、赤字続きの北枕空港。
すったもんだの末に廃港が決まり、いよいよ今日がラストフライト。
廃港式典の準備で、普段閑散とした空港ロビーに束の間の活気が戻る。

盛大に式典を行いたい職員、ひっそりと終えたい市長代理、空港建設反対に人生を捧げた男、記念フライトに招待された離婚間近の夫婦、かつての人気俳優と地元出身マネージャー、機長と副操縦士の微妙な関係…。

苦い後悔、微かな希望…。
それぞれの想いが交錯する中、盛り上がりづらい式典が始まろうとしていた…

作:池田真一 演出:藤原知之

公演日:2012年7月11日(水)~7月16日
於:上野ストアハウス
公演数:全8ステージ
 
キャスト
西興一朗
コトウロレナ
石井ひとみ
山藤貴子 (PM/飛ぶ教室)
松原綾央(花組芝居)
磯村智彦(花組芝居)
まどか(SPACE U)
青木崚
川崎誠一郎
東虎之丞
米山訓
松岡哲永
スタッフ
美術:竹内公一
美術助手:竹内悦子
照明:竹内右史(Office Bamboo)
照明オペレーター:野村梢(OfficeBamboo)
音響:大貫誉
演出助手:米山訓
衣装:細井ゆめの(茶ばしら)
舞台監督:小田史ー(NON GATE THEATRE)
宣伝美術 画:田中浩之
デザイン:小檜山長代(路地裏月光堂)
撮影:木村真一 姜美善
制作:J-Stage Navi
プロデューサー:金智子 木村真一

「祭りはさ、始まる前がいいんだよな」
「だけど、始まる前から終わること考えてたら、つまんないよね・・・」

夏祭りの前日、雨。
浮かれたカップルで賑わうそのホテルでは、全く浮かれていない人々が、今日も忙しく働いている。
バブル崩壊で職を失ってから深夜まで掃除をしている中卒の牧村、人員不足で全く家に帰れないフロントの秋山さん、中国から帰化した小沢さん、そして、牧村のせいで右目の視力を失った丹波・・・

「子供の頃は、大人になった自分がこんな仕事してるなんて、思わなかったな」
「そりゃそうだろ」
「十年後は、みんな何してんのかな?」
「ここで掃除してたりして」
「・・・ははははは」
「ははははは」
「私、やだな」
「俺も」
「ははははは」

夕方。雨は止んだ。
通用口から、牧村の同級生いずみが入ってきた・・・
「松浦君!?」
「いや、牧村だけど・・・」

♥ホテルの従業員休憩室を舞台に、ドアスコープから覗いた笑いと勇気の世界!
貴方もドアスコープの向こう側を覗いてみませんか?

作:池田真一 (演出)木村ひさし

公演日:2015年12月8日(火)~12月13日
於:文化シヤッター BXホール
公演数:全8ステージ
 
キャスト

コビヤマ洋一 (路地裏月光堂)
三浦伸子 (新宿梁山泊)
本坊元児 (ソラシド)
まどか (SPACE U)
入月謙一 (月歌舎)
米山訓
岡村勝之 (劇団ギルド)
平塚真介
寺田清正 ((劇)快心劇)
英 里佳 ((劇)快心劇)
金山穂乃花 ((劇)快心劇)
松岡哲永

植松寿絵

スタッフ

作:池田 真一
(演出)木村ひさし
演出補:入月謙一(月歌舎) 松岡哲永
演出助手:田中裕太(積丹サプライズ)
美術:竹内公一
美術助手・小道具:竹内悦子
照明:竹内右史(Office Bamboo)
音響:大貫誉
舞台監督:松岡哲永
撮影:木村真一
宣伝美術
画:田中浩之
デザイン:小檜山長代(路地裏月光堂)

「お願いだ、忘れないでくれ!」
「たのむ、忘れてくれ!」
たった三十年でモノは朽ちる。価値観は変わる。想いは忘れ去られてしまう。
金は墓場に持っていけない。
本当に大切なものは、なんだ?

旧家の桃川家とかつてそこの使用人だった成り上がりの江口家。

戦後、桃川家の土地や財産を泥臭く買い漁った江口家と、差別意識を
隠そうとしない江口家は、町を二分する勢力として悉く対立していた。

そんな両家の対立がピークを迎え一九八一年、両家の長男と長女が
無理心中で亡くなるという痛ましい事件が起こる。

そして現在。 三十三回忌を前に、両家の因縁がよみがえる・・・・

 
 
inserted by FC2 system